こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。あきる野市のお寺様墓地に、白御影石の墓相のお墓、吉相墓が完成しましたので、ご紹介いたします。

 

あきる野市寺院墓地 白御影石の吉相墓

 

ホームページからのお問い合わせです。あきる野市にお墓をお持ちで、このたび新しくお墓を建てたいとご希望でした。

 

こちらがご相談いただいたお墓です。あきる野市内のお寺様墓地にありました。墓相式のお墓で、すでにいくつかお墓が建てられています。右手前が地蔵墓、右奥は先祖供養塔、その隣にあるのが先代の夫婦墓です。吉相墓は基本的に、夫婦単位でお墓を建立します。今回は亡くなったお父様のために、印の場所にお墓を建てたいとご希望でした。

 

吉相墓のポイントとしては、コンクリートや接着剤、目地材を使用しないこと、国産の商品であることなど、いくつかあります。お客様とお話して、ご予算やご希望を考慮して、石種等を決めていただきました。

 

吉相墓のお墓は、敷地の中で建てる順序などにも決まりがあります。右から反時計回りで建てていき、直前のお墓より大きくしてはいけない、もしくは同じ大きさでなければならないため、すぐ隣のお墓と同じ寸法で設計しました。弊社で建立したお墓ではないので、実際のお墓を採寸して確認しました。

 

寸法・仕上げなどの指示を詳細に記した図面と、実際に使用する石の色合いを再現した完成予想のカラー図面です。お客様にご了承いただいて工事を行いました。

 

工事が完了です。

吉相墓ということで、コンクリートの基礎などは施工できませんので、しっかりと転圧して地盤を固め、そこに据え付けました。また、お隣のお墓とのバランスも考えて設置しました。

 

夫婦墓になりますので、棹石右側に亡くなられたお父様のご戒名を彫刻しています。左側は将来お母様が入られる際にご戒名を彫刻するスペースです。生前戒名をもらわれて彫刻しておくことも多いのですが、今回はこのような形をとりました。

お客様には、ご予算等も含め、「思った通りに作ってもらえた」と非常にご満足いただけました。ご法要にはたくさんの方がお越しになり、皆様に感謝のお言葉をいただくことができました。皆様にご満足いただけるお墓に仕上がり、何よりです。どうぞ末永く大切にお参りくださいませ。お困りの際にはお気軽にお声かけいただければ幸いです。

お墓の建立に関する記事

●都立多磨霊園に、芸術的なデザインの彫刻を施した、オールM1Hのお墓が完成しました。
●「円相」を彫刻した、インド産マハマブルーとスリランカのお墓。都立小平霊園小型芝生墓地にて
●八王子市営緑町霊園にて、インド産黒御影石M10のお墓を建立。万全の基礎工事と耐震施工で末永く安心のお墓
●ステンドグラスが光を集める、インド産SR(濃グリーン)のお墓を新規建立。世田谷区寺院様墓地にて
●桜の花びらが舞う、スウェーデン産ファイングレイ、インド産ニューインペリアルレッドの2種の石を使用したお墓。都立小平霊園小型芝生墓地にて
●都立多磨霊園にて、インド産黒御影石M10とインド産MD5のお墓を建立。石塔幅2尺3寸、立体的な羽目石のデザインで、存在感のあるお墓
●花で彩られた、南アフリカ産インパラブルーの素敵なお墓が完成。川の流れに桜の花びら、都立小平霊園
●大谷石で作られた古い外柵のお墓を、インド産黒御影石のお墓へフルリフォーム。一石五輪塔と墓前灯篭も新設、東大和市の共同墓地にて