こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。今回は、大谷石で作られた古い外柵のお墓を、インド産黒御影石のお墓へフルリフォームさせていただいた際の様子をご紹介いたします。

 

【東大和市共同墓地 フルリフォーム】

 

お墓のリフォームをお考えのお客様からのご相談です。以前から古くなったお墓が気になっておられたそうで、色々と石材店を探した結果、当店へご相談くださいました。東大和市の共同墓地にお墓をお持ちで、お近くにお住まいのお客様と現地でお会いすることになりました。

 

こちらが施工前のお墓です。お父様と息子様でお越しくださいました。

お墓を見させていただくと、大谷石で作られた外柵はボロボロになって欠けてしまっているところもありました。当初は外柵の修理を考えておられましたが、お話を伺っていると「外柵をきれいにするならこの機会に」ということで、最終的には全面的なリフォームをされることになりました。具体的には、石塔と墓誌・外柵の作り替え、一石五輪塔と墓前灯篭の新設などで、将来的にお墓を受け継いでいかれる息子様が中心となって話を進めてくださいました。ご要望を詳しく伺って打ち合わせを重ね、工事がスタートします!

 

お客様とお話しした結果、カロートも新しく作り直すことになりましたので、古いお墓と外柵・カロートをすべて取り除き、基礎工事から始めました。土を掘り下げて転圧し、配金して基礎コンクリートを流し込み、養生して基礎が完成します。

 

基礎工事が終わり、外柵の腰石を据えています。手前の敷石も設置しました。この敷石には、滑り止めを兼ねた蓮の花の模様をお客様のご希望で入れています。

 

腰石が組みあがり、総御影石造りのカロートも完成しました。カロートの内部は板石を貼って仕上げました。その板石が一部取り外せるようになっていて、古いご遺骨を土に還すことができます。お客様のお墓は先祖代々守ってこられたお墓でしたので古いご遺骨もたくさん納められており、今後のことも考えて、こうしてご遺骨を土に還すことのできるカロートにしました。

 

ずいぶん組み上がってきました。このあと、手前にある物置石を設置し、お墓本体と墓誌、一石五輪塔と墓前灯篭を据え付けたら完成です。

 

完成しました!

お墓の土間部分もすべて石貼りです。白い御影石に、インド産の黒御影石で作成したお墓や五輪塔が映えますね!

 

中央のお墓は、高級感のある上下蓮華です。向かって右手の奥、上座には先祖供養のための一石五輪塔を設置しました。ご希望で、こちらにも専用のお花立てと香炉もお付けしました。墓石等はすべて黒で統一したいというご希望でしたので、五輪塔や墓誌も同じ石で作成しています。

 

特徴的なデサインの墓前灯篭は、息子様のご希望でお作りしました。門柱には、こちらもご希望で家紋をお入れしています。

また、蓮の花の模様を施した踏石部分の左右には、お墓のお掃除などの際に上り下りがしやすいように扇型の階段石を設けています。階段がなくても十分に上り下りできる高さですが、より安全にお掃除等していただけるように配慮しました。

 

横から見たところです。外柵は、橋の欄干のようなデザインです。息子様が「普通の壁のようなものだとなにか物足りない」とおっしゃっていたことと、内部はすべて石貼りですので、お掃除がしやすいようにということを考慮して、こういったデザインをご提案しました。普通の羽目石ですと、大雨の際などには水が溜まってしまうこともあります。お墓後方の外柵羽目石も下に隙間を設けているので、ここからも水を掃き出すことができます。加えて、パッと目を引くデザイン性のある外観に仕上がっています。

 

完成したお墓をご覧になったお客様には、大変ご満足いただけました。皆さんでにっこり記念撮影です^^

今回は、お父様とともに息子様がとても積極的にお墓作りに関わってくださいました。当初はお父様のお手伝いというお気持ちだったようですが、関わるうちに積極的にご希望を出してくださいました。結果、将来お参りをされるご家族様、すでに眠っていらっしゃるご先祖様のこともしっかりと考えた素晴らしいお墓になり、私もうれしく思います。まだお若い方が、ご家族のためを思って真剣にお墓作りに取り組んでいらっしゃる姿はとても素敵で、印象に残るお仕事でした。

また、ご自宅やお墓の近くにも石材店がある中で、少し遠方の当店へわざわざご依頼くださってありがとうございました。ご信頼いただけていることを励みに、一生懸命お手伝いさせていただきました。何かお困りのことがございましたら、どうぞいつでもお気軽にお声かけください^^