東京都内での洋型・デザイン墓石の施工例

都立霊園をはじめとした東京都内での洋型・デザイン墓石の施工例をご紹介いたします。お墓の大きさやデザイン、石の色や種類などを参考にしていただけましたら幸いです。

多磨霊園4㎡ 洋型墓石

石塔:インド産Y-1 外柵:インド産アーバングレイ

多磨霊園のご当選前にお店にご相談にお越しくださいました。その後、「当選したよ」とご連絡いただき、ご一緒に霊園内の同じ広さのお墓を見て回りました。その中に自然石風の割肌加工の石塔のお墓があって、それをとても気に入られ、ご希望をうかがって図面をお作りしてご提案しました。特徴的な石塔は、現地でお墓を色々見ていただいている中で、弊社のデザインしたお墓をごらんになって、「まさにこれだ!」ととても気に入っていただけたものです。正面や台石天面の黒っぽい色の部分は通常の磨き仕上げで、ゴツゴツした部分は割肌加工といって自然石風の加工をしています。

いつもは私の方からお墓のご説明を参列された方々に差し上げるのですが、今回はお客様がご自分から、細かいところまで一生懸命お話をして下さいました。そのお姿から「ご満足いただけたんだな」と伝わり、とても嬉しく思いました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

世田谷区寺院墓地 洋型墓石

石塔・墓誌:ノルウェー産ブルーアンティーク 外柵・カロート:インド産アーバングレイ

お父様から依頼を受けた寿陵での建墓を検討されているご兄弟様で、ご家族で話し合って「どういうお墓にしようか」と色々検討されている中で、自分たちの希望をできる限り叶えてくれる、少しわがままを聞いてくれるような石材店を探しておられて、弊社にお声かけくださったようです。

石塔などに使用している石は、ノルウェー産ブルーアンティークという茶色い御影石です。当初、好きなお馬さんのイラストを入れることも検討されていたのですが、最終的には彫刻ではなく馬の毛並みを連想するような石としてご提案したものを採用していただきました。茶色の中にブルーの光彩がキラリと輝く石です。外柵材は、同じインド産で吸水率も低いアーバングレーという石をお選びいただきました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

多磨霊園2.5㎡ 洋型墓石

石塔・墓誌材・板材の一部:インドM10 外柵材:インドアーバングレイ

「広々したお墓にしたい」というご希望で、囲いがなく開放感があることや、車いすで入れるようにすることもご希望でしたので、解放感を大切に、お掃除のしやすいスッキリとした造りを心掛けて設計しました。通常の洋型墓石は棹石がもう少し立ち上がっていて角度がついていますが、こちらのお墓はご希望で海外の墓地に見られるような緩やかな角度にしました。花立の前面に桜の花が彫刻されていて、そこから花びらが舞うようなイメージで敷石の両脇にも桜の枝がデザインされています。お客様にご希望のイメージを伺って、それをこうした形にしてご提案すると、「まさにこうしたかった!」ととても気に入っていただけました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

多磨霊園 洋型墓石

石塔:真壁小目石 外柵:G688 墓誌:インドMU

お墓については、神道式のお墓にしたいとご希望でした。そのなかで、和型のトキン型(棹石の頭がとがった形)のタイプはよく見られる形ですが、「洋型でも神道のお墓の事例がありますか?」とお問合せがありました。弊社には洋型の神道式のお墓の施工例もございますので、いくつかお見せしてご説明差し上げて、洋型でも神道の特徴的なトキン型にするという方向に固まっていきました。

お墓の完成後は、ご家族・ご親族様の皆様が完成を喜んでくださり、本当によくできたとお褒めいただきました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

多磨霊園約3.3㎡ 洋型墓石

石塔・墓誌材:M10 外柵材:インドアーバングレイ

縦に長い敷地なので、窮屈な感じがしないようにすること、とはいえ左右のお墓との仕切りはきちんと設けることなど、墓地の形状の特徴も考慮しながら、デザイン面もこだわりました。特にこだわられたのが棹石の形状です。ユリの立体彫刻は、花びらや葉の一枚ずつも、立体的に活き活きと表現されています。濃い色合いの石なので、彫刻が映えてとてもきれいです。

お客様には、大変すばらしいとお褒め頂きました。特に、ユリの花の立体彫刻は仕上がりの美しさにとても驚かれて、感動されているご様子でした。工夫することでスッキリとした落ち着いた印象になり、窮屈に感じさせない点もとても気に入ってくださいました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

小平霊園芝生墓地 洋型墓石

石種:ファイングレイン(スウェーデン黒細目)

ご希望を採り入れたすっきりとしたスクエア系の形状で、可憐な彫刻が施され、艶やかで美しい仕上がりです。ユリの花をモチーフにした花立の彫刻は、亡くなられたご家族様のお名前にちなんだものです。スウェーデン産のファイングレインは黒御影石の中でももっとも高級で希少価値があるとされる黒御影石の王様で、磨き上げられた表面は周りの景色を写し込み、鏡面のようなすばらしい艶やかさです。

お客様には、「希望通りのお墓ができた」と大変ご満足いただけて、「素敵なお墓を造っていただき、感謝しております。ありがとうございました。」というありがたいお言葉もいただきました。

お墓づくりのようすをこちらでご紹介しています>>

多磨霊園 洋型墓石

インド産ニューインペリアルレッド

正面の「和」の文字、桜の花以外のイラストは、お客様にお持ちいただいたものを彫刻しました。ご希望だった明るい色合いの石を使用し、 「和」の文字を中心に、とても楽しげなあたたかい雰囲気のお墓になりました。

多磨霊園 洋型墓石

岡山県産万成石

以前草止め工事と洗浄などのお手伝いをさせていただいたお客様から、岡山県産の万成石を使用した洋型墓石の建立と、外柵のクリーニングをご依頼いただきました。「石誠さんに依頼してよかった」ととても嬉しいお言葉をいただくことができました。

多磨霊園1.9㎡ 洋型墓石

石塔:インド産M1H 外柵:中国産白御影石

棹石と、踏み石にあしらわれた桜の花が華やかなお墓です。従来はすべり止めと言えばビシャン加工等で一面を加工することが一般的でしたが、このサンドブラストはすべり止めの効果もあって、なおかつこうしたデザイン性の高いものも表現できるようになりました。

八王子霊園 洋型墓石

石種:インドM10

ボリューム感を出すため、厚みのある設計です。ご希望で、棹石頭の大きな丸みや額出し加工をしています。棹石左上と花立の前面に桜の花を彫りました。

多磨霊園 洋型墓石

石種:オールマハマブルー(インド)

キリスト教のお墓でしたので、外国人区画の方も参考に、自然石風の割肌加工の印象的なお墓になりました。納骨室の入り口部分、拝石の下の納骨室の落とし蓋には、聖書にある御言葉を彫刻しました。

多磨霊園4㎡クラス 洋型墓石

石塔/墓誌:インドM10 外柵:インドMD5(アーバングレー)

ホームページに掲載されていた施工例から、「このお墓がとても気に入っているんです」と具体的にイメージするお墓をおっしゃってくださって、「なるべく目地を減らしてほしい」等のご希望を活かして設計しています。

多磨霊園2㎡クラス 洋型墓石

石種:G688

細部のご希望を採り入れながらも、「予算をできるだけ抑えたい」というご希望を叶えられるご提案をして建立いただきました。すっきりしたスタンダードな洋型墓です。

雑司ヶ谷霊園 洋型墓石

石種:アンドロメダ(インド産)

もともとは和型のお墓でしたが、「キリスト教らしいお墓を建てたい」というご希望でインド産のアンドロメダ(別名:スリランカ)という真っ白な石を使って建立しました。花束のような形の花立が印象的で、白さが際立つとても美しいお墓です。

多磨霊園 洋型墓石

石塔:インド産Y1、外柵:インド産MD5(アーバングレー)

既存墓石のフルリフォームです。お墓の正面にある文字はお客様のご希望で作った造字で、「絆」と「心」を合わせたものをラインブラスト(二度彫り)で彫刻しました。

多磨霊園 洋型墓石

石塔:インド産黒御影石MU 外柵:G688

正面に家名を彫るのではなく、お墓のどこかにお名前に由来した鳳凰や、海の風景を図案として採り入れたいとご希望でした。とても細かい図柄も陰彫りできれいに仕上がっています。

多磨霊園 洋型墓石

石種:G623・G688・インドMU

納骨のお手伝いをさせていただいたお客様からのご依頼で、囲いがなく雑草にお困りだった古いお墓を、シンプルで明るい素敵なお墓へフルリフォームしました。

多磨霊園2㎡クラス 洋型墓石

石種:オールM1H

棹石には、デザイン・イラスト関係のことをされているお嬢様が考えられた芸術的なデザインの彫刻を施しました。現代的で、オンリーワンのお墓になりました。

小平霊園 小型芝生墓地 洋型墓石

竿:インド産マハマブルー 台:スリランカ(アンドロメダ)

棹石は、当初からのご希望で「円相」を彫刻しています。霊園の規定に合わせながらも、ご希望の自然石風のお墓に仕上げました。

八王子市営緑町霊園 洋型墓石

石塔:インド産黒御影石M10/外柵:G623

7寸の通常サイズのお骨壺であれば、縦に4個、横に3個、合計12個は納められる十分な広さのカロートを確保。しっかりとした基礎の上に、水抜き等も十分に考えて万全の状態で施工していますので、長い将来も安心していただける、自信を持っておすすめできるカロートです。

世田谷区寺院墓地 洋型墓石

石塔・墓誌:インド産SR(濃グリーン) 外柵:G688(白御影)

カロート前面のステンドグラスが印象的な、柔らかな印象の素敵なお墓です。青い鳥と木の葉をモチーフにしたデザインは、ご用意したおおまかなデザインをもとに、お客様のご希望やサイズに合わせてカスタマイズしました。

小平霊園 小型芝生墓地 洋型墓石

竿:スウェーデン産ファイングレイ 台座:インド産ニューインペリアルレッド

お花がお好きだったお母様のために桜の彫刻をしたいというご希望が当初からあり、彫刻が映えるような濃い色合いの石を選ばれました。

小平霊園 小型芝生墓地 洋型墓石

石塔・墓誌:インド産黒御影石M10 外柵・カロート:インド産MD5(アーバングレイ)

石塔は通常の洋型墓石よりも少し幅を広めに設計した堂々としたたたずまいです。右と後方の外柵羽目石の波打つようなデザインで手前から奥へ立体感を持たせ、一目置くような存在感のあるお墓に仕上げました。

小平霊園 洋型墓石

南アフリカ産インパラブルー

亡くなったご主人様はお花屋さんをされていたということから、棹石やお花立、踏み石部分など、全体にたくさん花のモチーフを取り入れました。棹石の立体彫刻はシクラメンの花です。

「こんなお墓を建てたい!」「シンプルで、お掃除のしやすいお墓が良い」「モダンなデザインで個性的なお墓を建てたい」など、理想のお墓がある方はもちろん、「どんな石を選べばよいかわからない」「お墓の形はどうしよう・・・」とお悩みの方も、ご希望をしっかりとお伺いし、ご予算の範囲内で建立できますよう、さまざまなご提案をさせていただきます。お気軽にお電話・メールにてお声掛けくださいませ。