こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。都立多磨霊園にて、樹木剪定や草止め工事、高圧洗浄等をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

【施工前後のお墓】

 

今回のお客様は、ホームページをご覧になって、お電話でお問い合わせいただきました。樹木が伸びてしまっていることと、雑草のお手入れが大変なのでその対策をしたいというお話でした。

後日お客様と現地でお会いして、実際に様子を見ながらどのように進めていくかをお話させていただきました。

 

こちらがお客様とのお打ち合わせのときのお墓の様子です。手前にある樹木は柘植で、お客様のおっしゃっていた通り、これが伸び放題になってしまっていました。
また、お写真では分かりにくいですが、墓所の中にも雑草がたくさん生えてきて、そのお手入れが大変なので生えてこないようにしたいとご希望でした。特に防草施工などはなく、土の上に砂利が敷いてある状態でした。
加えて、墓石や外柵に付いている汚れも気にされていました。階段部分も、濡れているので分かりにくいかもしれませんが、真っ黒になっていました。

お客様とお話して、今回は伸びてしまった樹木は剪定し、草が生えてこないように草止め工事、お墓の高圧洗浄することになりました。加えて、化粧砂利敷を敷きなおすことになりました。砂利はもともと入っていましたが、下が土なので砂利が潜って泥とまみれてしまっている状態でした。ですので草止め工事をしたあと、きれいに砂利を敷きなおします。

 

樹木の剪定と草止め工事が終わりました。まずは、すべての砂利や土を取り出して、20cmほど掘り下げます。しっかりと転圧して砕石を敷き、水抜き穴を設けてコンクリートを入れたら養生します。その後、化粧砂利を敷いて仕上げています。樹木はきれいに剪定をして小ぶりにしました。その下はコンクリートは施工せず、固まる土を入れています。固まる土を入れることで草は生えにくくなり、土の雰囲気も残すことができます。

 

このように、きれいに砂利が入っています。お墓の囲いの鉄の棒が抜けていたりするものもあったので、目地でしっかりと止めて修復いたしました。

 

高圧洗浄も済んで、完成です!

階段部分や、樹木のある場所の下の外柵、踏石・門柱・灯篭すべてを高圧洗浄できれいにしました。かなりお墓が明るくなりました。

 

灯篭です。長年の汚れが溜まって真っ黒でしたが、すっきりときれいになりました。高圧洗浄でも落としきれないものは丁寧に磨いたりして落としていきます。本格的なクリーニングというわけではなく、通常の高圧洗浄で特別に高い費用がかかるものではありませんが、ここまできれいにすることができます。

 

今回新しく敷きなおした白っぽい化粧砂利も、お墓全体を明るく感じさせます。

 

お墓の台座も黒く汚れていましたが、きれいになって石肌が見えていますね。晴れた日でしたので、きれいになったお墓がいっそう明るく感じます。

 

完成したお墓をご覧になったお客様には、「自分のお墓じゃないみたい!」と喜んでいただけました。伸び放題だった樹木も、剪定だけでこんなにきれいになったことに驚かれていました。抜いてしまうという選択肢もありますが、せっかく大切にされてきたお墓の木ですから、残すことができてよかったと思います。

今回のお客様は、最初にお墓の状況を確認する際も、現地でご自分で案内してくださいました。こうしたお仕事の場合、ご相談いただいて私が一人で確認しに行き、その後はお電話やメールでやりとりをさせていただいて工事をし、完成後に見に来ていただくということも多いのですが、直接お会いしてお打ち合わせをできたことで、お客様にも安心していただけましたし、私の方もお客様のご希望をきちんと把握して安心して進めることができました。ご要望以上にやりすぎても、逆にやらなすぎてもいけないといつも心がけていますので、そうした意味ではお顔を見てお話することで、お客様の反応等を見てきちんとキャッチボールしながら進めていくことが大切だなと改めて感じました。

初めにお会いしたときは雨の日でしたが、完成のときは晴れたきれいな青空のもと、きれいになったお墓を見ていただくことができてよかったです。今後もどうぞ大切にお参りいただけますとうれしく思います。