こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。今回は都立多摩霊園にて、樹木の伐採や草止め工事をさせていただきました際の様子をご紹介して参ります!

 

【多磨霊園 樹木伐採、草止め(砕石・転圧)、拝石交換、目地など】

 

ホームページをご覧になったお客様からのお問い合わせです。お墓がいま大変な状況なので・・・というお話しで、とにかく現地でお会いすることになりました。さっそく現地へ伺うと・・・

 

お墓はこういった状況でした。確かにお客様のおっしゃるとおり、木がかなり大きくなって大変な状況でした。見えなくなっていますが、実は石塔もない状態です。その日はご家族で5名ほどの方がいらしてくださっていました。お話しを伺うと、将来的にはお墓を建てたいけれど、まずは樹木を切り、お墓として納骨ができるような状態にしたいということでした。

お墓の状態を考えると、将来的には外柵なども作り替える必要があるようでしたが、今回はとにかくご希望通り、お墓としての機能を果たせるようにすることを目指しての作業となりました。お見積もりを差し上げて、工事をスタートします。

 

まずは、木を伐採して撤去します。内部にはたくさんの雑草も生えていましたので、その根切りをして取り除きました。

 

樹木の伐採が終わり、砕石を入れて転圧したところです。コンクリートの成型の外柵はもろくなっていましたので、樹木の根を抜いてしまうと壊れてしまいそうな状態でした。ですので樹木は伐採して十字の切込みを入れて除草剤の原液をかけ、成長を止めるようにしました。

 

草止めは、通常はモルタルでしっかりと生えてこないようにしますが、今回はとにかくご納骨ができる状態にするということで、砕石を入れて転圧して地盤を固め、草が生えにくくすることにしました。

納骨室の蓋石となる拝石は割れてしまっていましたので、御影石の拝石を設置しました。将来的にお墓を新しく建てられるまでの仮の拝石ですが、これでとりあえずご納骨が可能になりましたので、お墓としての機能を果たすことができます。

 

砕石を入れて転圧して締めたあとは、化粧砂利を入れて完成です。

外柵も、高圧洗浄できれいにしました。あまり水圧を強くすると壊れてしまいそうな状況でしたので、調節しながら行いました。

 

拝石です。お客様からご依頼はなかったのですが、当店にあったものを加工してお付けしました。今回はご予算的にも新たなものは難しいところでしたが、在庫のものでご対応することができました。隙間には目地を入れて、雨水などの浸入がないようにしました。明るい色合いの砂利石を入れて、ずいぶんさっぱりしたと思います。

 

ご覧くださったご家族様には、とにかく明るくなって、ここまできれいになるとは思わなかった!と喜んでいただけました。かつてはご家族で木を切ってお手入れをされていたそうなのですが、なかなか大変な作業ですので、最近は思うようにできずにここまで成長してしまったようでした。

今回は、「お墓として機能するようにする」ことが目標でしたので、ご希望のご予算等も考慮しながら、必要最低限の工事をさせていただきました。お客様が現状で望まれていることをきちんと把握して、的確にご要望を叶えることができたと思います。今後、将来的には石塔を建てたり外柵を作り直したりといったことも必要になってくるかもしれませんが、一気にすべて進めてしまうのではなく、こういった段階もお客様にとっては必要なステップだったのではないかと感じます。ご家族で、今後のお墓のことを考えるきっかけにもなったのではないでしょうか。時期が来て、やはりもう少し手を入れたいなと思われるようになった際に、またお声かけをいただければ精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。

 

樹木の伐採・草止めに関する記事

●樹木の抜根と草止め工事、拝石と花筒の交換等で、明るいすっきりとしたお墓へ。都立多摩霊園にて
●神奈川県産の根府川石のお墓の樹木伐採と草止め工事等をさせていただきました。白河石の外柵もきれいに洗浄、都立多磨霊園
●都立多磨霊園にて、樹木伐採・草取り・白河石の外柵の洗浄等をさせていただきました。大きな樹木の伐採で、日当たり・風通しの良いお墓へ
●大谷石の外柵の修理と植木の伐採・草止め工事が完了しました。神奈川市緑ヶ丘霊園にて
●多磨霊園にて、大きく成長した樹木の伐採と、納骨堂タイプのお墓・句碑の高圧洗浄、カロートの修理をさせていただきました