こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。小平霊園にて、草止め工事と砂利石の交換などをさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

今回のお客様は、当店ホームページをご覧になってご連絡くださいました。当初ご納骨のお手伝いのご依頼でしたが、その際に、実は以前からお墓の雑草に悩まされているとご相談いただきました。

 

施工前の様子です。今回のご納骨の前に、気になっていた雑草などのお墓周りをきれいにしてからご納骨を迎えたいとご希望でした。このように、土の部分からあちこち草が生えてきています。

 

拝石部分です。拝石の下の方は土にもぐりこんでしまっています。この状態ですと、すき間から納骨室内部に水や砂、泥が入り込んでしまう恐れがありますので、こちらも手直しが必要です。

 

工事が完了しました!
今回の工事の内容としては、まずは周りの砂利を取り除いて、15センチから20センチほど土を掘り下げました。その後基礎工事をして草止めをし、墓石の汚れの気になる部分は高圧洗浄機できれいに取り除きました。

今回砂利は、お客様のご希望でこの黒っぽい石になりました。今までは白っぽい石でしたので、少しイメージを変えたいということでした。まわりのお墓にもこういった色合いの石が使用されていましたし、白っぽい石ですと汚れ等が目立ちやすい印象を持たれていたのではないかと思います。

 

土にもぐりこんでしまっていた拝石部分は、今回はモルタルで少し入り口をかさ上げして上から蓋をし、水などが入りこまないようにしています。

印の部分には、今まではなかった香炉の皿を入れました。少しでもお掃除がしやすくなるかと思います。

 

お客様には、「納骨に間に合ってよかった」と喜んでいただきました。今回はご納骨まで日にちもあまりなかったのですが、簡単な工事でしたので間に合わせることができました。お客様が気になられていた部分を直して、きれいなお墓でご納骨を迎えられて本当によかったです。

ご納骨のあとお客様に伺ったお話では、実は他の石材店さんにもご相談をされていたそうです。ですがそこで外柵の作り替えの工事等をすすめられたりして、お客様のご希望以上の大掛かりな工事の話になってしまい、ご予算の上限を決められていたお客様にとっては難しい話だったようです。

今回のように古くから大切にされてきたお墓は、修理などの際、少しでも気になる部分に手を入れようと思えばたくさんの箇所が挙げられるので、その分費用がかかる傾向があります。ですが、「予算の範囲内でしたい」「必要最低限の修理をしたい」などのご希望の場合は、お客様それぞれのご事情に沿った柔軟なご対応ができるようにしておかなければならないなと改めて感じました。