2017年2月8日(水)

こんにちは。東京全域で、お墓のお仕事をさせていただいています石誠メモリアルサポートの松本です。

今日は雑司ヶ谷霊園に参りました。お天気も良く、清々しさを感じます。ここは大好きな霊園の一つでもあります。

今回のご依頼は、納骨と追加彫刻です。このご依頼がありましたら、詳細区画をお聞きして、先ず現地へ足を運びます。

DSC_0850

こちらのタイプの納骨室の入口を「拝石」と言います。当日はこの石を外してご遺骨をお納めするので特にチェックします。この時代のお墓は「打ち込み」と言って、しっかりコンクリートで深ーく納骨室を作っている事が多く、拝石も最近の薄いものではなく、かなり重たいです。古いお墓は事前にチェック。二重になっていたり、拝石と思ったら敷石で、全く違うところに地下へと続く蓋石があったりします。過去に、作った石屋さんしか分からないような隠し扉の存在があり、大変往生しました。DSC_0853

DSC_0854

DSC_0859塔婆立ての足が開いていました。

DSC_0862

シンプルで、とても良いお墓だと思います。よく見ると薬研彫りのようにも見えます。

雑司ヶ谷霊園に来ますと、必ずと言っていいほどお会いする方がいます。石屋の重鎮で、「寺内貫太郎」のような方です。ホントにモデルじゃないかと思うほどです。この日もいろんなお話を伺いました。勉強になります。DSC_0866拓本を採ります。原稿作成のために、すでに彫られているものに、書体とバランスを極力合わせる為です。当然古いお墓は手彫りなので、それに近い書体を選びます。

新しくお彫する内容をお伺いし、初校をお出しします。お客様とのやり取りは、メール・FAX・郵送そして最近多いのが、LINEです。図面や見積もりをLINEでお送りする事もあります。

DSC_0867

ここは都立青山霊園の立山地区です。少し離れたところの小高い山にあります。この日は参拝後、ご遺骨を取り出してご自宅へお届けするというお仕事でしたが、昔お作りしたお墓がソバにあることを思い出し、吸い寄せられるように向かいました。お墓の前に立つと、色々な出来事が甦ります。 忘れもしない平成23年3月11日14:46 正しくこのお墓の工事の最中でした。真っ先に倒れるのは古い灯篭でした。

DSC_0870

DSC_0872

 

本日のお仕事のご依頼、誠にありがとうございました。

弊社は現地調査~確認~設計~見積~ご報告 すべて無料です。お気軽にお申し付けください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

石誠メモリアルサポート 松本 高明

 

—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-560-999
メールでのお問合せ はこちらです

石誠メモリアルサポート 担当:松本 高明

 

お墓の価格について はこちら
石誠メモリアル 安心3つのお約束 はこちら
施工メニュー 一覧 はこちら
施工事例 はこちら
お墓じまい はこちら
都立多磨霊園のお墓 はこちら
都立小平霊園のお墓 はこちら
都立青山霊園のお墓 はこちら
都立谷中霊園のお墓 はこちら
都立雑司ヶ谷霊園のお墓 はこちら
都立染井墓地のお墓 はこちら
会社概要 はこちら

トップページ はこちら です